Rie fu Kinoko
Rie fu Kinoko
Rie fu blog 「りえふぅ きのこ」
プロフィール
Rie fu
Rie fu
7歳から10歳までアメリカ・メリーランド州で過ごす。当時から身近に流れていた70’s American Popsや賛美歌などに影響を受ける。
帰国後、東京で学生生活を送るかたわら、幼少の頃から弾いていたピアノと、始めたばかりのギターで作ったデモ・テープをきっかけで現在に至る。
オフィシャルサイト
アーティストデータ
 
ニューリリース
 
4th Album
『URBAN ROMANTIC』

2009年4月8日発売

【初回生産限定盤(CD+DVD)】
SRCL-6990/1/¥3,360(税込)

【通常盤】
SRCL-6992/¥2,800(税込)

[収録曲]
1.Something In My Head
2.Sunny Days
3.Hey I'm Calling Up!
4.ビジネス
5.あなたを想えばあふれる涙
6.Romantic
7.drummy
8.She Can't Say No
~ノーと言えない女~
9.Money Will Love You(English version)
10.いつかこの道の先に
~All The Way~
11.PRESENT
12.SUKI
13.Romantic(Strings version)

このCDを購入する
最新のインタビューを読む

Rie fu Twitter
Twitter / riefuofficial

rie fu 携帯公式サイト
 
<   2007年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
 
 
5000マイルmessage
 
5000マイル

この3〜4年の間、私は2つの違った環境での生活ができる機会に恵まれてきました。デビューが決まったと同時に留学も決まり、音楽の仕事をさせていただけると同時に自分の大好きなアートが勉強できました。日本にいない間でもRie fuを応援してくれている人がいて、大学も無事卒業が決まって、今あるものは自分だけの力では絶対に得られなかったということを実感しています。
留学生活を初めて以来、自分の音楽制作において、また絵の制作においても、共通するひとつのテーマを追い続けていたような気がします。これは私が小さい頃から思っていたことなんだけど...『物理的な距離』と『精神的な距離』が互いに錯誤してしまうということです。
一番近くの人や事実には執着心がなく、一番遠くにいる人やある事柄に強く想いをはせてしまうこと。自分の持っているものへのありがたみを忘れて、隣の芝の青さにばかり目がいってしまうこと。これらは誰でも一度は感じることだと思うけど、私が今までの留学生活や音楽活動を通して得たことは、これらのことをよりポジティブにとらえられるようになったということです。
日本から離れてみて、客観的な視点からしかわからない日本のよさや、遠い場所にいても届く音楽の力、ロンドンの体験を日本で生かせること。
遠くにいるからこそ届けようとする力が強くなること。
過去や未来より何より、『今』の時間、『今』いる場所、『今』一緒にいる人達を何よりも大切に思うことの貴重さ。
当たり前のことを当たり前にしないということ。

私が『5000マイル』という曲で表現したいことはこんなことです。
音楽や芸術がある意味は、
『物理的な距離』<『精神的な距離』
だということを具現化するためにあるものだと信じたいからです。

この夏からがRie fuは本格的に始動します。
そのスタートを切るような、躍動感ある一曲になっています。
まだまだ沢山曲があります。音楽に限らず、他のアートの分野にも挑戦していきたいと思っているので、楽しみにしていてねぇ!!
b0071355_20194551.jpg

by riefublog | 2007-06-28 20:17 | 音楽 | Comments(24)
 
ただいま!!
 
5000マイルを飛び越えて東京に到着です。

さっそく。

新曲リリースの情報が、今夜12時に発表されます!!

チェックしてみてね!!
by riefublog | 2007-06-26 20:31 | ご挨拶 | Comments(21)
 
旅行記
 
卒展の合間に、今のうちに日本からは行きづらそうな場所に行っておこう、ということで、アイルランドとトルコという絶妙な組み合わせの国々に行ってきました。
それぞれの旅行記も書きたいところだけど、さっき半分ぐらい書きかけて間違って全文消してしまったので、そのショックとともに、ポイントを選んで今度はわかりやすく書いていきます。

ポイントその1ー匂いー
ガイドブックからも旅番組からも決して伝わることのないもの、それは匂い。
アイルランド首都ダブリンはなぜかバーベキュー臭がした。ギネスビール工場があるからでしょうか。空気は灰色っぽくて、だけどロンドンみたいにずっと居座っていたらそのよさがじわじわとやみつきになるんじゃないかな、というかんじ。ジェームスジョイスが読みたくなった。
b0071355_1391457.jpg
イスタンブールは、食生活に香辛料が大きく影響しているんだなぁと実感できたのは、街中やそこに暮らす人々からもかなりそういった匂いがしたから。
b0071355_6365612.jpg

ポイントその2ー音楽ー
アイルランドもトルコも、それぞれ音楽で有名。
アイリッシュフォークやフィドルがそこら中から聴こえてくると想像していたアイルランドでは、意外と音楽はパブの中でこじんまり行われていました。入ってみたパブでは、オールバックのおじさんとお父さんらしき老人が、無心でギター片手に歌ってた。その光景を見て、血の中に音楽が巡っているんだなぁ、と思った。わりとアメリカの南部とか東部を彷彿させる歌。
2日目に行ったゴールウェイというアイルランド西部では、ほんとに自然に囲まれて静けさそのもの。フィドルどころか虫の鳴き声さえほとんどしない。
b0071355_6334082.jpg

それに比べてイスタンブールは至る所で音楽が聴こえた。しかもトルコっぽい、ひゃららら〜、みたいな半音系のメロディ。トルコ人の着メロも、タクシーの運転手さんが聴いてるラジオも、ホテルのテレビのどのチャンネルまわしても、やっぱりあの独特のトルコ音一色。
トルコでは音楽とともに、本場ベリーダンスも堪能できました。意外にダンサーの人たち、お腹が結構出ている。。ベリーの脂肪をゆらすのがベリーダンスなのでしょうか。この人↓がちょっとマイケルジャクソンに似ていました。
b0071355_735487.jpg

b0071355_6373610.jpg
ケバブ屋のテラスで。思わずお土産屋でトルコ民族音楽CD買いそうになっちゃったけど、さすがに家戻ったら聴かないだろうな、と思ってやめました。

ポイントその3ーイケメン率ー
率直に、アイリッシュの男性はイケメン。

それに比べるとトルコの男性は...ぃや、女性はめっちゃ美人が多くてびっくりした。さすがハーレム。色々な人種が混ざって、混血するほど美人になるというけれど、それは女性のみに当てはまることなのでしょうか。男性は混血しすぎると濃すぎになってしまうのでしょうか。


とこんなかんじ。
b0071355_724229.jpg


りえふ今度の新曲はトルコ系でしょうか。
ミュージックビデオはもちろんベリーダンスで。
by riefublog | 2007-06-24 07:02 | 趣味 | Comments(16)
 
ギグ gig info!!
 
なんと。卒業制作、大学が買い取ったらしい。信じられない!!嬉しすぎる!

ライブやります。

hey it's the latest gig info. my musician friend whom i respect, susie hug is gonna play too! it's gonna be a special event. please do come!!

Sun 24June@Viva Viva,
18 High Street, Hornsey, London N8 7PB
8pm~
Nearest Tube; Turnpike Lane
FREE
b0071355_7515255.jpg

イスタンブール トプカプ宮殿のハーレムにて。
by riefublog | 2007-06-22 07:52 | 音楽 | Comments(15)
 
いよいよ卒展!!
 
卒展一日目、今日はオープニングでした。

なんと!卒業制作が、う れ た!!!
自分の力だけで、二つと同じ物がないペインティングに価値を見出してもらえるとは最高の気分です。
卒展は始まりますが、もう大学生活はいよいよ終わりなんだと実感。
ほんとにみんな個性豊かな作品ばかりで、誰かに評価してもらう以前に、何より自分自身が最高に楽しんでやってる。卒業後のことなんかそっちのけで、『今』を思う存分満喫してる。もう執行猶予が迫ってきてはいるけれど、みんなそれでも全然焦ってない。
正直、もっともっとペインティングしたいし、それにロンドンがやっと本気で好きになってきたので、これであっさり日本に帰ってしまうことが信じられない故にまたイギリスに戻ってきたい。
それでも私を待ってくれてるレーベルがいて、やるべき仕事があって...という環境は、普通にアートスクールを卒業しただけでは簡単に手に入れることはできないものだからそ逃すわけにはいきません。
そんな覚悟を決めた節目であるこの卒展、全体的にもほんとに面白いのでみなさんもしロンドンにいらっしゃる機会があったら観に来て下さい。私の作品は7階の2カ所の部屋にあります。

Hi there
just to let you know about my college degree show, the culmination of a three-year Fine Art Degree!

Degree Show
Central Saint Martins College of Art & Design.
BA (Honours) Fine Art
Dates: 16 -21 June 2007
Times: 12 - 8pm
Venue:
107 - 109 Charing Cross Road, London, WC2H 0DU

Also, I am exhibiting in another exhibition organized by a group of young Japanese artists. The group is called K0i(ko-ray)http://www.k0ik0i.com/
さらに、友人がオーガナイズしてくれた若手日本人アーティストたち(k0i、コレイと読む)によるエキシビションにも出展します。

Exhibition Title: Comfortable Betrayal
Dates: 21June-3July, opening party from 8pm-10pm
Venue: Bohdi Gallery, 214 Brick Lane, London, E1 6SA
b0071355_9585537.jpg

アイルランドにて。
by riefublog | 2007-06-16 10:00 | london | Comments(15)
 
A day in the life...
 
近々ハイドパークで歌いたいな〜♪
とか考えていましたが、もっっっっとケタ違いにビッグな所で歌うチャンスが訪れるとは思いもしませでした。
ロンドンが似合う上田禎さんと、上田さんのお友達のリリィフランキーさんご一行が、雑誌の企画でロンドンに来られていて、その企画というのが、ビートルズゆかりのアビースタジオでのレコーディング セッション。それにりえふも便乗して見学させていただき、なんとコーラスまで歌わせていただきました!!すてき紳士リリィさんと。魂こもった歌声でした。りえふの曲を車で聴いて下さっているみたいで、ちょーぅ嬉しい!
噂には聴いていたアビーロード スタジオ。近くに住んでいたときにフラットメイトと、観光客に混じって外観を観に来たこともあるぐらい。実際に中に入ることができたのは、ロンドン一の思い出になったともいえるかも!
まず入り口を入ったロビーや廊下は想像してたよりも近代的。お金あります、というかんじ。壁には数々の著名人の写真がフレームに納められてる。スタジオのブースに入ると、階段を下りて地下みたいな広い空間が広がり、Steinwayのフルコンにはじまり数々の貴重なキーボードが。。これには圧巻です。

帰りのバスでビートルズの曲を聴きながら、その曲に実際に使われたピアノに触れられたことが信じられなかった!!

感激しすぎていまだにドキドキしています。。

明日からアイルランドの古城に行ってきます。


b0071355_11335524.jpg
ロンドンで会うのは3回目!上田さん。演奏とピアノの音色がすばらしくマッチしていました
b0071355_11343721.jpg
ジャパニーズ、めったに入れない空間で、すかさず写真ぱしゃぱしゃ。
by riefublog | 2007-06-11 11:37 | 音楽 | Comments(16)
 
スージィ
 
今日は、ロンドンで出会った貴重な音楽友達であり、私が最も尊敬するミュージシャンのうちのひとりの、Susie Hugの家のあるロンドン北部に遊びに行きました。
スージィは初めて会った時に納豆をごちそうになったり、りえふの2ndアルバムの中の3曲を共作してくれたり、そして今日も納豆を出してくれたり、めっちゃお世話になってる。納豆は何よりも嬉しい。ってまた食べてる!
なんとスージィ、最近では、Travisのニューアルバムの中のUnder the moonlightという曲を提供したことでも知られています。この曲はまじやばい!名曲です。りえふがカバーしたいと競い合ったぐらい。同じ月をテーマにした『ツキアカリ』のリリースのタイミングともかぶったし、いつも不思議な繋がりがあります...初めて会った時にいきなり曲ができたし。

今日もお互いの曲を聴かせ合ったりして盛り上がりました。
彼女は最近大物バンドとレコーディングしてきたみたいです。このバンドは彼女が大ファンだったバンドで、私もロンドンでライブを一緒に観に行ったこともあります。スージィがふと彼らのプロデューサーに連絡をとってみたことから、トントン拍子に憧れのバンドに自分の曲を演奏してもらえることになったみたい。とても念力が強い人です。『こうしたいな〜』と言ったことが叶ってしまうみたい。
かといって気張っているかんじは全くなくてとてもカジュアルな人。そんな色々な面で、尊敬しています。
この人と旦那さん(Pretendersのギタリスト、りえふ2ndアルバムの曲も弾いてもらった)はロンドン中で一番のナイスカップル。と断言できるでしょう。
b0071355_8444568.jpg
b0071355_845887.jpg
夜、ロンドン中心のパブ→バスにて。写真を撮ってくれた友達と何人かで、ライフ イズライク ア ボートをへたうまパンクバージョンでカバーしてくれて最高でした。これはぜひ次のアルバムのボーナストラックに★
ちなみにこのときは各国の『ハンドジェスチャー』の違いの話題が出て興味深かったわ。
例えばわかりやすいのは中指を立てるジェスチャー、イギリスやアメリカではファッキューな意味です。ギリシャではきつねみたいな手のポーズが同じような意味を持つらしい。
日本では..私が知らなかったジェスチャーが色々とあるみたいですね。
Cheers.
by riefublog | 2007-06-08 09:17 | london | Comments(14)
 
FOr You
 
コメントありがとぅーー。感動しちゃった。
あなたのための新曲できました。そのタイトルも"For You"
ふふ。早くラジオなどで流れる日を夢見ています。

ロンドンの生活、張り切って活動的になるわけでもなく、のんびりと過ごしてしまっています。
友達と美味しいスペイン料理を食べたり
b0071355_8321253.jpg

美味しいトルコ料理を食べたり...
b0071355_835045.jpg

食べてばっかり!!
このトルコ式パンはめっちゃふくらんでいましたが中は空洞でした。トルコ名物なのかな。
by riefublog | 2007-06-07 08:35 | 趣味 | Comments(21)
 
曲作り中
 
b0071355_3334672.jpg


誰かのための歌というのはどういうものでしょうか。
最近は『誰かのために曲を作りたい!』と強く思っています。
『誰か』とは、今これを読んでくれているあなたです。

ぃや、ちょっと前までは、ふっと浮かんできたままに曲を作るかんじだったんだけど、
もちろん今も全く同じ作り方をしているけど、
全然ムリしてるとかそういうことじゃないのよ。
ただ、もっとあなたのほしいものをあげたいというか。
あなたのほしいものが知りたいというか?
(キモっ?)

日本に帰国したらじっくり探ろうかな。
ロンドンは午後9時でこの明るさです。
b0071355_3385677.jpg


Hi there
I have received a few messages in query about my next gig.
I am NOT performing at a Gladstone Park event this year, just to let you know.
But I am planning to sing at hyde park sometime between tomorrow and the weekend. Spontaneous thing. So have a walk in the park and let me know if you find me! rie x
by riefublog | 2007-06-06 03:40 | 音楽 | Comments(22)
 
sunny day!
 
気付けば毎日ブログ更新中。
やっぱりロンドン生活残り少ないとね。色々記録に残しておきたくなっちゃうね。ってことで、今日は、カメラマンな友達2人に写真を撮ってもらうというかなり自己中な目的で、ポートベローやハイドパークへ散歩しに行ってきました。こうやって撮ってもらった写真を集めて、次のアルバムのブックレットに沢山載せたいなと思って。
6月に入ってからがらりと急に天気がよくなり、気温も25°c前後と快適!
イギリスは曇りがちというので有名なように、ロンドンの人々にとって『晴れている』ということがどんなに大きな喜びかということは、今更説明する必要もないよね。
ハイドパークの湖には空がそのまま反射していて、とても美しかったわ。歩いた歩いた。
そして夜には楽しみにしていたパイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドを鑑賞しました。もぅ色々出てきて何がなんだか...キース リチャーズかっこよかったなぁ。ジョニーデップの隣に映っても少しも見劣りしないところが!
その後、普段あまり行く機会のない高級住宅街、ハムステッドの知り合いの誕生日会に顔を出してから帰宅。お味噌汁をすすりながらブログを更新しています。

明日は曲作りだな。





b0071355_1144774.jpg
ハイドパーク湖
b0071355_11443021.jpg
b0071355_11445525.jpg
カメラ好きの友達と
b0071355_1148580.jpg

by riefublog | 2007-06-03 11:49 | london | Comments(15)

 
Excite Music 連載ブログ
◇ Aqua Timez
◇ ASIAN KUNG-FU GENERATION
◇ ウルフルケイスケ
◇ 奥華子
◇ オレスカバンド
◇ GOING UNDER GROUND
◇ サンコンjr. New!
◇ サンボマスター
◇ SEAMO
◇ ジョン・B・チョッパー
◇ ジン
◇ スクービードゥー
◇ SBK(スケボーキング)
◇ SOIL&“PIMP”SESSIONS
◇ 椿屋四重奏
◇ トータス松本
◇ TRICERATOPS
◇ BEAT CRUSADERS
◇ the pillows New!
◇ 風味堂
◇ FLOW
◇ PE’Z
◇ BECCA
◇ HOME MADE 家族
◇ bonobos
◇ ホフディラン
◇ POLYSICS
◇ MINMI
◇ 矢沢洋子 New!
◇ Yum!Yum!ORANGE
◇ Rie fu
◇ RYTHEM
◇ RYUKYUDISKO
◇ レミオロメン New!

◆連載ブログの
バックナンバーはコチラ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。