Rie fu Kinoko
Rie fu Kinoko
Rie fu blog 「りえふぅ きのこ」
プロフィール
Rie fu
Rie fu
7歳から10歳までアメリカ・メリーランド州で過ごす。当時から身近に流れていた70’s American Popsや賛美歌などに影響を受ける。
帰国後、東京で学生生活を送るかたわら、幼少の頃から弾いていたピアノと、始めたばかりのギターで作ったデモ・テープをきっかけで現在に至る。
オフィシャルサイト
アーティストデータ
 
ニューリリース
 
4th Album
『URBAN ROMANTIC』

2009年4月8日発売

【初回生産限定盤(CD+DVD)】
SRCL-6990/1/¥3,360(税込)

【通常盤】
SRCL-6992/¥2,800(税込)

[収録曲]
1.Something In My Head
2.Sunny Days
3.Hey I'm Calling Up!
4.ビジネス
5.あなたを想えばあふれる涙
6.Romantic
7.drummy
8.She Can't Say No
~ノーと言えない女~
9.Money Will Love You(English version)
10.いつかこの道の先に
~All The Way~
11.PRESENT
12.SUKI
13.Romantic(Strings version)

このCDを購入する
最新のインタビューを読む

Rie fu Twitter
Twitter / riefuofficial

rie fu 携帯公式サイト
 
かっこよすぎる、、
 
b0071355_19181714.jpg


"bob dylan: No direction home"
って映画を最近見ました。今まで彼の音楽はそんなに知らなかったんだけど、テレビでこの映画を一瞬見たときに、いいかんじに貫禄がムンムン出てる今のボブディランに一目惚れ!
この映画、マーティン スコセッシ監督が、ディランの少年時代から、グリニッジ・ヴィレッジのコーヒーハウスで歌っていた初期の日々、そして1966年ポップスターの座に上り詰めるまでに至る人生をドキュメンタリーにしたもの。
60年代に活躍していた他のフォークミュージシャンたちへのインタビューや、その頃の実際の映像なども流れ、ディランを取り巻く時代や人々の音楽的、政治的な歴史も観れて、なんだかスピリチュアルにその頃のインスピレーションが伝わってくるようでした。

"...you're constantly in the state of becoming, and as long as you can stay in that realm, you'll sort of be alright."(bob dylan)
『(アーティストとして)常に成長過程の中にいるって意識を持っていれば、何とか大丈夫だろ。』

って彼のセリフが印象的でした。
その言葉通り、常に音楽的にも変わっていこうとする生き方をしてきたディラン。でもメディアからは、『政治的、社会的なメッセージソングを歌うフォークシンガー』というレッテルを貼られ、その後ツアーでエレキギター中心のロック寄りの曲をやるようになってからお客さんは大ブーイング。。スターになった後のディランには、そんな定着してしまったイメージを覆そうという葛藤があったみたいです。

そのとき、その時代に感じたこと、伝えたいことをただ言葉にして歌う。
どんなコンセプトなのか、そんなことを後で取材されても答えることは何もない。歌を聴けばわかることだから。。こんなシンプルで力強い信念、彼のスタイル、最高にかっこいいなー。

しかし映画の長さは3時間半ととても長かった!3、4回に分けて見ました。
by riefublog | 2008-12-17 19:18 | 音楽 | Comments(11)
Commented by へいた at 2008-12-17 20:58 x
こんばんは。
ボブ・ディランは「ザ・ローリング・サンダー・レヴュー」を音で聴いただけですが、とってもカッコイイと思いました。
付き合ってる人が、「No direction home」のDVDを持っているので、また機会があれば観たいと思います☆

60年代から活躍するおじさんたちはかっこいいなぁと最近思いました。
11月にはTHE WHOの来日公演に行ってきたのですが、60歳を超えてるとは思えない程のパフォーマンスでした。
やっぱり音楽っていうのはいいなーと思いました♪
Commented by forest-d at 2008-12-17 21:53
こんばんは。
今観ると、
あのブーイングはなんだったんだろう、
あの時、あそこでブーイングしてた人たちはいまどうしてるんだろう、
と時々思うんですけどね。
しかし、そんな中で鳴っている音が、とんでもなくかっこいい。
Commented by ☆えっちゃん☆ at 2008-12-17 22:58 x
ボブ・ディラン・・・・。名前は知ってますけど、実際の音楽は全く知らないです・・・。そんな自分を恥ずかしく思います・・・。 無知だゎ~。

「アーティスト」って難しいですよね。。。
変わることを拒まれるのって辛いです。
にしても、3時間半は休憩が必要なお時間ですね~。
また、レンタルして聞きます。お金・・・余裕があればCD買います。
でも、何がよろしいのやら・・・・(´・ω・`) こういうのって直感ですかね~?
Commented by R.S at 2008-12-18 00:00 x
何かの切っ掛けがあって出会いは生まれるよね。私も姉に進められBLEACHを観てRieさんを知ることができました!
『(アーティストとして)常に成長過程の中にいるって意識を持っていれば、何とか大丈夫だろ。』とあるように、アーティストだけに関わらず、何事も変わっていく、常に進化し続けることは自分の分野で生き残るためには大事なことなんやね。分かってても難しい。
生き残るのは 強い者ではない 賢い者でもない
変化できる者だ                         ーC.ダーウィン
     変化は進化       進化=新化
”初めて”を創る
”新しいこと”へのチャレンジ
それがソニーミュージックグループ
とSONYMUSICのモットーでもあるように。
Commented by R.S at 2008-12-18 00:00 x
でも常に新しいことっていうのは難しい。人間そんなに簡単に変われないように、物事もそんな簡単に変えれない。しかも常にってなったら尚更。
でもRieさんはできる。そう信じているし、今までも新鮮さを感じてきました。願ったことは叶えてきたではないですか。そういう強い気持ちがあるRieさんなら常に変わっていくこともできる。
生意気な感じで申し訳御座いません。
でわおやすみなさい。
Commented by えっちゃん at 2008-12-18 00:56 x
てか!今気づきました・・・。 「PRESENT」は2月の25日ですね。
了解しました! やっとCDで聴けますね~。楽しみです♪
次はどんなジャケなのかな~(*´艸`)
・・・・・話変えてすみません。。。
Commented by すん at 2008-12-18 01:39 x
 ボブ・ディラン良いですよね♪
  「アイム ノット ゼア」という最近の映画があります。
 リチャード・ギア、ケイト・ブランシェット、ヒース・レジャーなどがそれぞれディランを演じてます。面白いはずですので、是非!!
Commented by くみ at 2008-12-18 01:41 x
コメントしたいのにどうコメントすれば良いか分かりません(ノ_・。)
頭が足りないです;笑

常に成長過程…
ここで終わりと考えないで、もっと上に!という意識が大切という事でしょうか(´`)

ダンディなオーラをひしひしと感じます!笑
Commented by ろこ at 2008-12-19 00:03 x
久々にコメントさせていただきます><

ボブ・ディラン!大好きです!!
洋楽アーティストでは1番好きです!
人間としても大尊敬してます☆

是非、「ドント・ルック・バック」「アイム・ノット・ゼア」「ボブディランの頭の中」も観てください!
「ボブディランの頭の中」では井上陽水さんとサンボマスターのボーカルさんがコメントしてますよ^^

「アイデン&ティティ」と「アヒルと鴨のコインロッカー」もボブディラン繋がりで観てみてください。
2本ともとてもおもしろいです。
特に「アイデン&ティティ」のお話しは、ミュージシャンの苦悩を描いているので。
主人公を銀杏BOYZの峯田さんが演じてます^^

ちなみに「ファクトリーガール」というイーディーの生涯を描いた映画では”ボブディランをモデルにした”スーパースターの登場します。
これをふまえて、「アイム・ノット・ゼア」に登場する「ココ」という女の子にも注目してみてください。
Commented at 2008-12-20 00:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by エージーエー治療 at 2011-03-30 07:20 x
AGA,薄げでお悩みなら、こちらをご覧ください。
http://aga-myclinic.sblo.jp/
エージーエーは男性型脱毛症のことです。
エージーエーの治療薬プロペシアは病院で処方されます。
<< 今から熊本へ でけた、クリスマスツリー >>

 
Excite Music 連載ブログ
◇ Aqua Timez
◇ ASIAN KUNG-FU GENERATION
◇ ウルフルケイスケ
◇ 奥華子
◇ オレスカバンド
◇ GOING UNDER GROUND
◇ サンコンjr. New!
◇ サンボマスター
◇ SEAMO
◇ ジョン・B・チョッパー
◇ ジン
◇ スクービードゥー
◇ SBK(スケボーキング)
◇ SOIL&“PIMP”SESSIONS
◇ 椿屋四重奏
◇ トータス松本
◇ TRICERATOPS
◇ BEAT CRUSADERS
◇ the pillows New!
◇ 風味堂
◇ FLOW
◇ PE’Z
◇ BECCA
◇ HOME MADE 家族
◇ bonobos
◇ ホフディラン
◇ POLYSICS
◇ MINMI
◇ 矢沢洋子 New!
◇ Yum!Yum!ORANGE
◇ Rie fu
◇ RYTHEM
◇ RYUKYUDISKO
◇ レミオロメン New!

◆連載ブログの
バックナンバーはコチラ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。